seriese
STEP3 / 紫外線から守る
>
SOL-CLAUDELE A+B
紫外線に負けない輝きを
ソル・クラウデーレ A+B
使用用途日やけ止めクリーム
製品特徴シミやシワの原因となる老廃物の分解を助ける「アクアタイド〈ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12〉」(※1)を配合し、紫外線をブロックしつつ美容機能を高めた日やけ止めクリーム。通年を通して、紫外線と乾燥から肌を守ります。注釈:(※1)保湿成分
価格40g 8,000円(税抜)
個数
HOW TO USE
1. 手の甲に適量を取ります。季節に合わせて量を加減してください。
2. 顔全体に細かくパッティングでつけていきます。
3. 3~4時間おきにつけなおしてください。通年でご使用いただけます。
MAIN COMPONENT
■ アクアタイド 〈ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12〉

肌の老化は、外部ストレス(紫外線や大気汚染、花粉、乾燥など)と内部ストレス(精神的ストレスや睡眠不足、食事など)により体内で老廃物(異常タンパク質)が発生し、これが蓄積され表面化して起こります。新配合成分のペプチド「アクアタイド」は、高い保湿効果だけでなくバリア機能に優れ、外部ストレスの侵入を阻止。また、抗酸化作用により老廃物の発生を予防して修復、分解にも働く能力も持つ、まさに革新的な成分です。

* 保湿バリア機能の強化 *
高い保湿効果及び皮膚浸透性で、外部ストレス(紫外線や大気汚染、乾燥など)が
体内へ侵入しないようにバリア機能を強化。

* 老廃物の発生予防 *
長期的で安定した抗酸化作用のエビデンスにより、
外部・内部ストレスが老廃物になるのを予防する。

* 異常タンパク質の修復 *
細胞維持・浄化に関わる遺伝子やタンパク質の発現を促進し、
異常タンパク質の修復を助ける。

* 老廃物を分解する *
細胞内で不要になった老廃物(異常タンパク質)を分解する
システム「オートファジー※」が働く。

■ オリゴペプチド-34

炎症を多角的に抑えながらメラニンの発生を根本から抑制することにより、美白効果を発揮する。

■ エクトイン

優れた保水効果があり、肌の潤いを長時間保つ。細胞保護作用や修復作用に優れており、乾燥や紫外線などによる外的ダメージから肌を守る。免疫作用もあるので、トラブルを引き起こすストレス因子に対する肌の免疫機能を向上させ、肌の代謝を活性化する。
ALL COMPONENT
水、BG、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、酸化チタン、ステアリン酸グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、パルミチン酸セチル、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、ステアリン酸ソルビタン、シリカ、スクワラン、ホホバ種子油、アボカド油、オリーブ果実油、酸化亜鉛、ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12、オリゴペプチド-34、ポリクオタニウム-51、エクトイン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、グリセリルグルコシド、グリチルリチン酸2K、サクシノイルアテロコラーゲン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシプロリン、エルゴチオネイン、カンゾウ根エキス、フィトスフィンゴシン、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、トコフェロール、アラントイン、DNA-K、オリザノール、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、エチルヘキシルグリセリン、オウゴン根エキス、ユキノシタエキス、メマツヨイグサ種子エキス、アロエベラ葉エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、ローマカミツレ花エキス、ステアリン酸、ポリヒドロキシステアリン酸、ステアロイルラクチレートNa、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、t-ブタノール、クエン酸、クエン酸Na、水酸化AI、ジメチコン、ハイドロゲンジメチコン、フェノキシエタノール、メチルパラベン
FAQ
Q.クリーム類やソル・クラウデーレA+Bを使うと汗が吹き出てきます。

A.お肌の代謝が活発になり、 本来の肌の動きが高まったためと思われます。

今まではファンデーションがお肌の表面を被い、
毛穴にフタをしていたため代謝が鈍り、汗がおさえられていたのです。

ファンデーションをはずしたことでお肌が解放され、
さらにイナータススキンケアシリーズに含まれる活性成分(特にコラーゲンなど)により
代謝が活発になり、本来の肌の動きが高まったためと思われます。

発汗には排出、皮脂の分泌などの役割があります。
これにより体温を保ち老廃物を体外に放出するので美しい
素肌を取り戻すひとつの方法といえます。またパッティングの仕方でも
だいぶ皮膚への浸透率が変わってきます。

朝など急いでお顔をパンパン数回たたいただけでは吸収も悪く、
汗も出やすくなりますので、優しく丁寧にパッティングをなさってください。
HISTORY
1992年5月 ― 初代発売

2000年 ― 第1回リニューアル
γ-オリザノール、超微粒子酸化チタン増量

2001年 ― 第2回リニューアル
VCIP(油溶性ビタミンC誘導体)を新配合

2004年 — 第3回リニューアル
L-ヒドロキシプロリンを新配合

2005年 ― 第4回リニューアル
エルゴチオネイン、メマツヨイグサ種子エキスを新配合

2013年 ― 第5回リニューアル
甘草フラボノイド、グリセリルグルコシドを新配合

2016年 ― 第6回リニューアル
エクトイン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、オリゴペプチド-34、ステアリン酸ポリグリセリル-10、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、パルミチン酸セチル、ステアリン酸ソルビタン、ポリクオタニウム-51、エチルヘキシルグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、t-ブタノール、クエン酸Naを新配合

2017年 ― 第7回リニューアル
アクアタイド(ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12)を新配合
ATTENTION
【使用上の注意】
1 お肌・唇に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌・唇に合わないとき、即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま、化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。(2)使用したお肌に、直接日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
2 傷やはれもの、しっしん等異常のある部位にはお使いにならないでください。
3 目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

【保管上の注意】
(1)使用後はしっかりフタをしめてください。
(2)乳幼児の手の届かないところに保管してください。
(3)極端に高温又は低温、多湿、直射日光をさけて保管してください。
top